美容室 新天地 ブログ

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

新天地のブログ

新天地@京都(美容室/ヘアーサロン)
最新情報お知らせ日記など

〒606-8241 京都市左京区田中西高原町16-3
マンション高原102

TEL:075-712-1190 予約優先
<< クリスマスが近いので・・・・ウォール オブ サウンド! | main | 冷たい雨のこんな日のハマり盤 >>
髪のダメージの種類 及びその詳細
0
    一概に髪が傷んでいるといっても、 毛髪内ではその原因によりダメージを受けている部位が違います。 まずは ブローや過度のブラッシング ホットカーラー コテの熱による物理的ダメージです。これらは、図のキューティクルの部分(一番髪の表面)が主に損傷します。  一方 カラー パーマ ストレート等のケミカルダメージは上の図のフィブリル マトリックスの二つからなる コルテックスにダメージを与えます。  そして キューティクル マトリックスにはそれぞれ 水を通しやすい親水基と 水を通しにくい疎水基があります。  まず カラー毛は、キューティクルにはダメージは無く、コルテックスの親水基がダメージを受けています。  パーマ毛は、キューティクル コルテックスの両方の親水基にダメージがあり、 縮毛矯正毛はキューティクルの親水基と、コルテックスの親水基・疎水基共にダメージをうけています。   この様に髪の履歴を知ることにより髪のどの部分が傷んでいるか予測し ケミカルダメージを最小限に抑え目的のデザインに仕上がりに近ずけることができます。  他にも色々な要因もあるので履歴を知れば完璧とは言えませんが・・・・・ 久々に 仕事のブログでした〜
           
    | 髪のあれこれ | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.shinten-chi.com/trackback/42